英会話の秘訣

[ネイティブが語る]ネイティブの英単語や英語のフレーズが聞き取れない時の対処法

英語を勉強していく上で、欠かせないのは「実際に話すこと」です。スピーキングとリスニングをしていく上で、英語はみるみる上達していきます。

最初は相手が何を言っているのかわからずに、「あぁーもうだめだ。もっと勉強しなければ。。」と思う人も少なくはないと思います。

でも、そこで恥ずかしがって話すのを止めたり、家にこもって一人で勉強することを始めると一気に英語の能力は下がります。

下手くそでいい、自分の思っていることを、丁寧に自分の知ってる言葉で伝えることがとても大事です!

ネイティブの私からすると、英語が話せなくても一生懸命話している姿で誰も笑ったり、蔑んだりしません。

今回は、英語が聞き取れない時の対処法についてネイティブの視点で解説していきます。

英語で外国人と会話をする時

積極的に話す

英語で外国人と話している時は、積極的に話すことが大事です。積極的に話さないと、知らない間に自分の存在がその場からなくなっていって、誰もあなたが話始めるまで待つことはありません。

もし自分の話すことに対して自信がなかったり、確信がもてなかったら、それをしっかりと英語にして伝える必要があります。相手が何かコメントをするまで自分の意見を伝えることが大切です。

何か一言でもいいので発言しよう

会話についていけなくても何か反応しましょう。

以下のフレーズはネイティブが会話をする中でよく使う表現です。

「Really?」

本当に?という意味ですね、日本語でもよく使うと思います。相手が話しているときに、ちゃんと聞いているんだよ、という意志を見せることは英語を話すことよりも大切なことです。大げさに「Really?」ということで相手との話も弾みます。

「Wow!」

すごい!という意味ですね。相手が何か自分の武勇伝を語っていたり、単純に今まで聞いたことのないようなすごい話をしているときに使えます。

「OK」

これは一番よく使うと思います。相手が話しているセンテンスの間に言ってあげましょう。OKというだけでも相手は、話を理解してくれているんだなと安心します。逆にわからない時は、「I didnt understand it」とはっきり伝えましょう。

質問された場合は?

質問されたら、基本的に聞き取れた部分は返答する事が大事

何にも答えられなくて黙るよりも、理解した単語や相手の話そうとしていることを推測することはとても大切です。

ここで一つ便利なネイティブがよく使う単語を紹介します。

「私の知る限りでは…」

To my knowledge(私の知る限りでは、)

これはよく使うのでマスターして使ってみてください。